歯固めは、いつから必要?【嬉しい効果もあった】

歯固めは 何カ月から必要?子育て

ここでは、赤ちゃんの歯固めについて、いつ頃から必要になるのかみていきましょう。


赤ちゃんの歯が生え始めるころに見られる「歯ぐずり」。

ここで使ってあげると不快感がまぎれるのが歯固めですね。

もこ
もこ

でも、それだけでなく、歯固めをつかうことで嬉しい効果があることを知っていますか?

歯固めをうまく活用すると、いいこといっぱい。

わたしのおすすめも紹介するので、お気に入りの歯固めをみつけてくださいね。

この記事を書いたひと

【もこ
子どもと遊ぶ時間を楽しくするお手伝いがしたい「おもちゃコンサルタント」。
過疎地に暮らす3児の母。親も子どもも嬉しいおもちゃ、遊び場に興味津々。

歯固めは、いつから必要?

歯固めは何カ月から必要


初めて歯が生えだすのは、だいたい生後6~7ヶ月。

こどもたち
こどもたち

でもね。歯が生えだす前からムズがゆい感じがするの。。(赤ちゃんの娘)



以下のような様子があれば、 歯が生え始める前から、 歯固めを用意してあげましょう。

歯が生えだす前の特徴
  • よだれが増えた
  • いろんなものを噛む
  • 口をもごもごしている
  • 機嫌が悪い・夜泣きがひどい
  • 口の中に手や指を入れることが多い

歯固めは、いつから必要? 【嬉しい効果がいっぱい】

歯固めの役割【嬉しい効果がいっぱい】

じつは、嬉しい効果がたくさんの歯固め。

こんな効果があるなら、しっかり活用したいですね。

  • 噛むことで脳を刺激する
  • 歯が生えるときの不快感をまぎらわす
  • 歯ぐきがマッサージされ歯の発育をサポートする
  • 噛む練習になる (離乳食スタートにむけた準備)
  • 歯磨きの練習になる (歯ブラシへの移行をスムーズに)

発達段階にあった役割をしていたんですね。

おもちゃとしての機能もある歯固め、使わない手はないです。

歯固めは、いつから必要? 歯固めの選び方【安全第一】

歯固めの選び方

なによりも、安全第一!

3つのチェックポイントをみていきましょう。

歯固めの安全チェックポイント
  • 小さなパーツがないもの
  • 喉をつく長さではないもの
  • 塗料が舐めても安心、はがれないもの
もこ
もこ

素材は、安心安全が確保されていれば、どれを選んでもOK !

私は木の歯固めを選びました~。

どの歯固めがオススメ?【お手入れ方法も】

どの歯固めがオススメ

数ある歯固めの中でも、安全性と機能性、またコスパのいい歯固めをご紹介します。

私がプレゼントするなら、これです。

カミカミBabyえだまめ

カミカミBabyえだまめ

こちらは、かわいい枝豆のカタチをした歯固め。

持ちやすいし、どこを噛んでもぷにぷに~。

しばらく、ご機嫌でいてくれます。

【送料無料】カミカミBabyえだまめ 歯固め かみかみ なめなめ おしゃぶり リングタイプ はがため

お手入れは、水洗いだけでなく電子レンジ・煮沸・ミルトン消毒などもOK。

PWファルベ

PWファルベ

赤ちゃんの目をひく原色のカラー!ヨーロッパで人気の赤ちゃんおもちゃ。

5枚のリングがぶつかり合う、木の音が心地いい。

リングをくるくる回したり、夢中でなめなめしてますよ。



木のおもちゃは、水が苦手。お手入れの際にも気を付けましょう。

基本的には「乾拭き」、もしくは固く絞ったタオルで拭きます。


木のおもちゃのお手入れについて、詳しくは、こちらの記事を参考にしてくださいね。

ブータレブー 木のはがため

ブータレブー 木のはがため

我が家でも大人気です。

ほかにも、種類があって迷うこと間違いなしな可愛さ・・・

てるてる・星・タコ・魚など。

とくに、タコ! これは・・・タコさんウインナーだよね?

もこ
もこ

出産祝いにも、気を使わない値段のプレゼントになるよ。

歯固めを上手につかって発育のサポートをしよう

歯固めを上手につかって発育のサポートをしよう

歯固めには、嬉しい役割がたくさんあることが分かりました。

  • 噛むことで脳を刺激する
  • 歯が生えるときの不快感をまぎらわす
  • 歯ぐきがマッサージされ歯の発育をサポートする
  • 噛む練習になる (離乳食スタートにむけた準備)
  • 歯磨きの練習になる (歯ブラシへの移行をスムーズに)

うまく取り入れて、赤ちゃんの発育のサポートに役立てましょう。


同じ時期の離乳食について、食べてくれないと悩んでいませんか?

進みが遅くても焦らなくて大丈夫。こちらの記事を参考にしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました