子どもが進んで片付けたくなる【お役立ち収納アイテム3選】

お役立ち収納アイテム片付け

今回は、子どもと暮らしていてもお部屋がスッキリするために、役に立つ収納アイテムをご紹介します。

また散らかして~!(イライラ)


何度言っても、オワラナイお片付け。

おもちゃや、書類、脱いだ靴下・・・どの家でも、同じです。

しかし、ママが片付けてばかりでは、日々の疲れが蓄積されて末恐ろしい結末が安易に想像できてしますよね。

ポイントになるのは、子どもが自分で片付けられる明快な仕組みづくりです。

その上で、日々の暮らしを少しでもスッキリさせるために役立つ収納アイテムをご紹介します。

あなたの家に合いそうなものは、見逃さずに取り入れてみてくださいね。

子どもが進んで片付けたくなる【親子で片付け3つのポイント】

おもちゃ 散乱した部屋

毎日毎日片づけてばかりで終わりが見えない・・・

スッキリした状態を保つためには、3つのポイントがあります。

すっきりした子供部屋をつくるのために親ができること
  • かたづけの仕組みを作る
  • 適正量を決めて管理する
  • 効果的な声かけを意識する

詳しくは、こちらの記事を参考にしてくださいね。

子どもと一緒にお片付けに向かう際に、基礎となる大事な考え方なので、必ずおさえておきましょう。

3つのポイントが分かった方は、収納に役立つアイテムを選んでいきましょう。

子どもが進んで片付けたくなる【お役立ち収納アイテム3選】

これなら簡単【秘密基地のような技ありテーブル】

秘密基地のような技ありテーブル
出典:Sty

リビングで遊んでいた子に「今日はもう寝るよ、おもちゃを全部片付けよう~!」

子どもにとっては遊び途中のおもちゃを、いきなり「全部片付けて!」といわれても、困るんですよ・・・

なぜかって、「大作になりかけの、つくる途中を邪魔された!」って思うから。

こどもたち
こどもたち

このまま、残しておいて、
この続きから好きな時に遊びを再開したい!

そう思うのが子どもの心理・・・

だけど親としては、いつまでも広げておいてほしくない・・・

そんな時にも子どもの気持ちを大事にしながら、お部屋が片付きます。

子どもたちは、自分だけの「秘密の隠し場所」が大好物。

まさに、このテーブルの中は「秘密の隠し場所」です。

突然の来客でも、子どもの遊びを壊さずにママもスッキリできる技ありテーブルです。

【遊びながらお片付けできる秘密基地センターテーブル】

このテーブルには、もうひとつ、魅力があります。

テーブル板は、両面つかえて、一方は黒板になっているんですよ~。

のびのびと、テーブルいっぱい使ってお絵描きが楽しめますね。

メッセージボードにもなるので、子どもへの伝言板としても活躍してくれそうです。

どこにあるか一目でわかる【キッズラック color 9マス

こちらは、子どもの「分かりやすさ」を一番に考えた収納ラックです。

かごが斜めに傾いているのは・・・


・ 一目でパッと何がどこにあるのかが、すぐ分かる
・ 出し入れがしやすい




という点で小さいころから「お片付けが出来る」感覚を育ててくれます。

ママに褒められて嬉しいと、進んで他のお手伝いもできる子になりますよ。

細かいパーツが増えてきたら、さらに小さいカゴで仕切って使うこともできます。

おもちゃだけでなく、おむつや衣類をいれるのにも活躍してくれます。

キャスターがついているのも、移動が楽でお掃除のときに嬉しいポイントですね。

キッズラック color 9マス

絵本の収納もしたいという場合は、こちらの【おかたづけ大すき BOOK&TOY】

おもちゃだって、たっぷり収納できるのが魅力です。

取り外して水洗いができるかごは、嬉しいですね。

こちらのタイプは、キャスターがついていません。

落ち着いたブラウンカラーで、リビングにおいてもごちゃつきを抑えてくれる色味です。

【おかたづけ大すき BOOK&TOY】

ミニカー収納・電車収納・レールが収納できる【木製デスク】

ミニカー収納・電車収納・レールが収納できる【木製デスク】
出典:LOWYA

トミカ・プラレールの好きなお子さんに、飾りながら収納を叶えます。

大事にしたくなるような特別の車庫を作ってあげましょう。

デスクの下には、レールなどを収納できるボックス(キャスター付き)がついてます。

2段構造で、細かく区別したいレールを分かりやすく収納できますよ。

トミカ・プラレールの長さに応じて、格子の調整ができちゃうのも嬉しい。

これなら、お部屋がスッキリと片付きますね。

【ミニカー収納・電車収納・レールが収納できる木製デスク 】

子どもが進んで片付けたくなる収納アイテム3選

今回は、子どもと暮らしていてもお部屋がスッキリするために、役に立つ収納アイテムを3つご紹介しました。

一度、子ども目線で分かりやすい仕組みを作ってあげると、そのあとが断然楽です。

遊んでいないおもちゃを、定期的に入れ替えてあげると遊びが楽しく続きます。

詳しくは、こちらの記事を参考にしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました