木育キャラバンで魅力的な木のおもちゃに出会おう!

木育キャラバンとは木育の遊び場

ここでは、「木育キャラバン」について、どんなことをしているのか、そしてどんな魅力があるのかをお伝えします。

最近、全国的に木を取り入れた遊び場が増えてきています。

長く木と寄り添う暮らしを続けてきた私たちにとって、単純に親しみがあるのは、もちろん、そうした木育空間は、なんだか落ち着きますよね。

そう感じるのは子どもたちも同じです。

子どもたちが集中して遊べて、想像力を広げてくれる木のおもちゃの魅力は尽きません。

木のおもちゃの効果や魅力について詳しくは、こちらの記事を参考にしてくださいね。

子どもにとっても、大人にとってもプラスの効果が期待される「木のおもちゃ」、最近では日本の木で、日本の職人さんがつくるものが人気です。

なかなかお店に売っていないような木のおもちゃに出会えるのが、「木育キャラバン」という大規模場な遊びのイベントです。

親子で夢中になれる、素敵な木のおもちゃに出会えますよ。

あなたの町にも「木育キャラバン」がやってくるかも・・・?!

木育キャラバンとは【移動型おもちゃイベント】

積み木で遊ぶ

東京おもちゃ美術館から、全国に移動して開催される大規模なおもちゃのイベントです。

誰もが「グッド・トイ」で遊ぶことの出来る空間をつくります。

グッド・トイとは、専門家の投票によって選ばれた質の高いおもちゃのことですよ。

詳しくは、こちらの記事を参考にしてくださいね。



木育キャラバンを開催するのは、主に「ウッドスタート宣言」をした市町村が多いようです。

自分たちのオリジナル木のおもちゃを持つ自治体も増えていますよ。

木育キャラバン5つのキーワード

引用:木育ラボ

はじめのキーワードとして、「遊び文化のルネサンス」と書かれています。

これは、まさに体感してみないと分からないのですが・・・

子どもが目を輝かせて遊びに夢中になるのは、もちろん。

大人のほうが、真剣になって遊んでいることに気づきますよ。

日本では「遊び」というと、「仕事」と対峙して軽くみられてしまう面があります。

しかし、遊びの本質がどこにあって、どれほど子どもの成長に影響力が大きいのか、考えるほどに奥深さを感じます。

木育キャラバン開催の様子

木育キャラバンチラシ
引用:岸田木材

開催地ごとに、体験コーナーやイベントは違ってきます。

富山県氷見市で2018年に開催された木育キャラバンのチラシです。

そんな木育キャラバンの中でも、注目したいのは『ぎふ 木育キャラバン』です。

引用:good us

岐阜県は日本有数の林業県として知られています。

岐阜の木を用いた、オリジナルの木のおもちゃだけで、自力で運営する木育キャラバンをめざしているそうです。

一度は足を運んでみたい木育キャラバンですね。

引用:アプティ

こちらの積み木は「つみぼぼ」で、飛騨高山の郷土玩具「さるぼぼ」をモチーフにしてつくられました。

頭部は「かえで」無垢材、胴体は「すぎ」無垢材をつかっています。

この積み木をつかった、積み上げレースは大いに盛り上がるそうですよ~。

地域の木への、子どもの遊びへの情熱が伝わってきますね。

木育キャラバン【近日開催・開催実績】

引用:naana

木育キャラバン in 智頭町

日程:2020年2月9日(日) 10:00~16:00
会場:智頭町保健・医療・福祉総合センター 「ほのぼの」1階ひだまりホール

木の国わかやま 木育キャラバンin和歌山市

日程:2019年2月22日(土)・23(日) 10:00~16:00
会場:ノーリツアリーナ和歌山(和歌山県和歌山市梅原579-1)
主催:わかやま木育キャラバン実行委員会

*2020年3月1日(日) に兵庫県宍粟市で予定されていた木育キャラバンは中止になりました

木育キャラバンで遊びを楽しもう

移動型おもちゃ美術館「木育キャラバン」についてご紹介しました。

開催地の特色によって企画ブースもかわってきます。

地域のボランティアさんも一緒につくりあげるイベントです。

お近くで開催される際には、参加者として、ボランティアスタッフとして、ぜひ親子一緒に楽しんでみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました