【簡単&美味しい】杉板で焼く格別なBBQの楽しみ方

木育

みんなで集まるBBQは、何度やっても楽しいですよね。

ただ、毎回同じ食材で少し飽きていませんか?

そんなときに、いつもの食材を簡単にワンランクアップした美味しさに変えてくれる方法があるんですよ。

それは、水に浸けた杉板でお肉を焼くだけなんです。

杉の香りが食材にうつって、いい香り、しかもジューシーになります。

ポイントをしっかりおさえて、いつもと違うBBQを楽しみましょう~!

バーベキュー下準備

厚みが1.5㎝ほどの杉の板を用意します。

ホームセンターにも売っていますが、防腐剤などのコーティングがないものを選びましょう!

ネットでも「バーベキュー用杉板」が売られてますね。

この板を1時間ほど水にしっかり浸けたら、準備完了!

ここで、ひとつめのポイント

板を水に浸けるときは空気をぬいてジッパーつきポリ袋へ。

バケツなどに入った水にいれると、どうしても浮いてきますが、重しをしてもいいですね。

板の上に食材をのせて焼くだけ

あとは、食材を板の上にのせて焼くだけ。

ここで2つめのポイントがありますよ。

焼き始めの2~3分で煙がでます。

そのタイミングで蓋をして木の香りを食材にたっぷりしみ込ませてあげることです。

杉板は、焼き時間にもよりますが、2~3回は使いまわしができそうです。

バーベキューを本格的にやりたいなら、欲しいのは蓋つきのコンロですよね。

したたる肉汁が蒸気になって塊肉もおいしく焼けます。温度計も必須。

蓋がない場合は、アルミの深皿など、板の大きさに合わせたもので代用しましょう。

このアルミの深皿は、蓋つきコンロの中にいれて大活躍。

焼いているときに、肉汁の受け皿となりますよ。使い捨てで、お掃除もらくちんに。

杉板BBQで焼くと美味しいもの

骨付きチキン

厚みをできるだけ均一にするために身をひらきましょう。

お好みの塩をまぶします。


ローズマリーやタイムと一緒に焼いてもさらにいい香りですね。

そして、サーモン

塩コショウして、ディルまたはローズマリーを散らします。

レモン汁をかけて、レモンものせて焼くと美味しい。

いろんな食材を杉板で焼いて、相性をチェックしてみてくださいね。

【簡単&美味しい】杉板で焼く格別なBBQの楽しみ方【まとめ】

いつもと違うのは、杉板の上にお肉をのせて焼くだけです。

2つのポイントをおさらいします。

杉板はジッパー付きポリ袋で1時間水につけてから使います。
そして2つめは、焼きはじめて煙がでたら蓋をして蒸し焼きにすること。

これだけです。

おどろくほどジューシーで、いい香りになりますよ!

ぜひ次のBBQで試してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました